フォト
無料ブログはココログ

« 第一章 輪舞する星々 No.6 | トップページ | 第一章 輪舞する星々 No.8 »

2011年12月 6日 (火)

第一章 輪舞する星々 No.7

No.7
「どんなことでも起こるとは思っていたが、目の前で六十余年も前の続きが始まるとはね、また格別だな。ラジオブルキナには私のことが分かるのかね?」

「はいそのとおり博士、ご存知でしょう?私どもの放送は誰にでも聞けますが、受信機が有ればいいと云うものでも有りません、あーあー、これでもれっきとした霊界ラジオでありますからね。あーあー、ブルキナマシオン!」

「そうか、私の計画はうまく運んでいるようだね。」
「はい、でも一つ問題が有ります。運命は運命に返してやって下さい。つまり死んだか生きているかは、どちらとも言えないということで、それがよろしいと云うことです。」

「人間の自らの死の認識は通用しないと云うことかね?」
「はい、魂のラジオブルキナの受信バンドはそこですから。ブルキナマシオン!霊界は理性を超えています。」

« 第一章 輪舞する星々 No.6 | トップページ | 第一章 輪舞する星々 No.8 »

天頂の惑星外伝 大賢者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一章 輪舞する星々 No.7:

« 第一章 輪舞する星々 No.6 | トップページ | 第一章 輪舞する星々 No.8 »