フォト
無料ブログはココログ

« 第五章 ジョロボのザイロフォン世界 No.80 | トップページ | 第六章 五万年紀 No.82 »

2012年10月28日 (日)

第五章 ジョロボのザイロフォン世界 No.81 

No.81

「おおっ?たまたま、とびきり極上のベルギー製チョコがポケットに有るぞ!なんという好都合…、それ!コントンボリ、今すぐ頼むぞ。」テスラ博士はコントンボリの掌に内ポケットのキラキラと光る銀の包みを載せた。

「むっ?!なんという良きタイミングなのだ!君は果報者だ!しかと聞き届けようぞ!」瞬間にコントンボリの姿が光った。

「むちゃくちゃだな…。」テスラ博士が小声でつぶやくと、天地が裂け、突然の落雷とともに空間が一変した!

ジョロボは、既に或る景色を目の前にしていた…。左手は右手のメロディをすり抜け、重なるごとくに勝手に千変万化し、左右の次元が入れ子のフラクタルに多層化していった…。ビーターが最も左側の鍵盤に一撃を食らわすと、誰の目にも位相の扉が開き目の前に開けてくるものがあった。

「このジョロボとの同期がどうしても信じられん…!時空概念の先端にジョロボの木琴演奏がどう有効なのか?」テスラ博士は自分の周りの変化に気づかずにいた

« 第五章 ジョロボのザイロフォン世界 No.80 | トップページ | 第六章 五万年紀 No.82 »

天頂の惑星外伝 大賢者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第五章 ジョロボのザイロフォン世界 No.81 :

« 第五章 ジョロボのザイロフォン世界 No.80 | トップページ | 第六章 五万年紀 No.82 »