フォト
無料ブログはココログ

« 第六章 五万年紀 No.82 | トップページ | 第六章 五万年紀 No.84 »

2012年10月31日 (水)

第六章 五万年紀 No.83

AMANA

No.83

宿命の地ブラックボルタの地を踏むアマナは絶命の間際にいた…。

姉弟で異国の人買いに攫われ、弟アサビコをかばう中アマナは宿命の窮地を逃げ延びたが、ふたたび捕われ異国の苦界に叩き売られた…。

その東洋風な器量と品の良さから、また売られ、ついには白人豪商に地中海のアレキサンドリア港まではるばる連れてこられた。

豪商はふたたび王族の慰み者としてひときわ高く売り飛ばすつもりでいたが、豪商の甥の宣教師が一目でアマナに引かれ、監禁の隙を見て夜陰に乗じ強奪した。

風雪の宿命を生きるアマナは、宣教師の男ともに追っ手を逃れ、遠くブラックボルタの奥地に入った…。ところがそこで梅毒と思われる病に侵され、その美貌は無惨にも変貌し、視力もまったく覚束ないものとなってしまった。

それを苦々しく思った宣教師の男は、アマナの病を恐れ、村から離れたひと際大きなバオバブの巨木のウロに病に伏した瀕死のアマナを投げ捨てると、そうそうに帰国してしまった…。

それから三日、アマナの苦難の命はこれで終わるのかと思われた…。

驚くべきことに、死をすぐ目前にしたうつつのアマナに思いもかけない奇蹟が訪れた!

« 第六章 五万年紀 No.82 | トップページ | 第六章 五万年紀 No.84 »

天頂の惑星外伝 大賢者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第六章 五万年紀 No.83:

« 第六章 五万年紀 No.82 | トップページ | 第六章 五万年紀 No.84 »