フォト
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2014年8月 »

2013年9月

2013年9月23日 (月)

第七章 信じようと信じまいと No.110

No.110
延命冠者の舞は、松風大人にある思いをもたらした。
真に無いものへの直観と言うべきものである。

松風大人は、ひとり呆然と呟いた。
「…在るとばかりのものが、何も無いとはどうしたことだ?」
高く無窮に立ち上がる茫漠とした空だけではない。清浄なる無音の他は何もはじめから無かったのか…?

問を超えた、ある直接の視座が松風大人の心中を開いた。
ふたたび、松風大人はうわ言のように低く呟いた。
「驚きだ…見えず、感じられもしないが在るとばかり思っていたものまで、まったく何も無いとは…。
魂すら、夢幻の如くか!?
…………。」

如何程の時が流れたのか…。
無音に僅かな兆しが起った。微かな光は
みるみる辺りの黎明を破り、日はぐんと昇って来た。
この上なく清浄な光の放射は、あらゆるものの隅々までも差込み、無償の愛の真実を知らしめていた。光の五彩の矢はすべてを射尽くして、そのもの自からは何ものでもなかった。

松風大人は、昇る太陽を直視した。
目前の輝きは、自分の心の中心を射た!
真を射抜く輝ける光は、不安定に黒く反転し、くるくると右に尾を引く独特の動きとなり、巴の印となって生きてうごめいた。
いのちの神秘が背後から渦巻いて、松風大人になだれ込んだ。

「この変転は何ということだ!?今、無いとばかりのものが、私に入り、強烈に輝き始めたぞ…!」呆気にとられた松風大人は、真反対の光の実相に、放心して独り立ち尽くしていた。

潮風を受けて、断崖の上の斜面にある五葉の松は少しくねりながら、そのすくっと伸び上がった幹の上方には見事に枝をひろげていた。鋭い針の無数の葉は、枝の、ある一点を起点にそれぞれが放射し、濃い緑は揺るぎない密度で空間に眩しさを射てた。
ところが、その、ある枝先は桜色の輝きをもって変化した。
そこに、やわらかな魂が宿ったのだ。

« 2013年7月 | トップページ | 2014年8月 »